足りない部分が見えれば、そこを補えるので、上の段階を目指せます!



PR

41回MTGレポート

11月19日(土)12:00-14:00

【 Guest 】フォレストさん(女性) USCPA

まずはゲストの自己紹介

湖北省という内陸部の小さな町で生まれ高校を卒業する18歳まで一度も町から出たことがなかった。大学では何とか外の世界に飛び出したいと思い、都会の大学を受験。結果上海の大学に合格して食品科学を学んだ。

大学を卒業してからは広州に就職した。上海と北京には戸籍制度があるので、上海では就職できなかった。広州では外資系企業に入社しカスタマーサポートの仕事を約4年間やった。

広州の会社時代に日本に出張する機会があり、その時に「世界に出たい!」という想いが募って日本への留学を決意。会社を辞めて日本に渡り、語学学校で日本語を学んだ。

日本語をマスターしてからは、日本の大手メーカーに契約社員として入社し、中国からの仕入れの仕事を担当した。この時に、自分は日本の大学を出たわけでもないし、何か特別なスキルを身につけないと契約社員のままになってしまうと思い、資格を取ることを考えだした。

当時USCPAが雑誌広告などで目立っていたので、すぐにコレだ!と思ってアビタスの授業に参加した。しかし会計の知識が全くなかったため、内容がチンプンカンプン。そこで、まずは簿記の勉強をすることにした。

3級からスタートして、2級を取得。その後1級まで取得した。その後USCPAの勉強に入った。今思えば簿記1級までやる必要はなかったなぁと思う。

2008年にUSCPA試験に合格して就職活動し、会計コンサルティング会社に入社した。メガバンクに常駐して、銀行の経理の方々と一緒にIFRS関係の仕事をした。このProjectは規模が大きかったので、Big4の方々や弁護士さんや、様々な人達と一緒に仕事をすることができて、とてもためになった。

今年の12月からは、中国関連の仕事をするために国際法律事務所に転職し、日本企業の中国進出時のお手伝い(主に税務)をする予定。

以下、Q&A

  • ゲスト
  • 参加者
  • 司会

簿記1級は必要ないと思う というのはどういう事ですか?

会計の基礎知識という意味では、2級までで十分だと思います。1級だと内容が深すぎて、時間とエネルギーがかかり過ぎました。費用対効果が低いと思います。

簿記1級って相当大変だと思いますが、スムーズに合格したのですか?

いや、1級は一回失敗しました。本当はもうやめようかとも思ったのですが、このために凄いエネルギーを費やしたから、無駄にできないと思ってもう一度チャレンジしました。そして2回目に合格しました。

USCPA合格後、就職してすぐにクライアントに常駐となると、かなり大変だったのでは?

すごいプレッシャーでした。それにもの凄く気を遣いました。お昼もみなさん一緒に食べに行くので、私も断れなくて一緒に行きました。男の人ばっかりなので、みんな食べるスピードが早くて、置いていかれないように一生懸命早く食べました。毎日常に緊張していました。

仕事的にも会計未経験でいきなりクライアント常駐だと、最初は何もわからなかったんじゃ?

本当に最初は何もわからなかったです。デリバティブとかストラクチャード・ファイナンスとか、USCPAの勉強でちょっとやった程度だったので全然わかりませんでした。

どうやってその状況を切り抜けたんですか?

Big4がコンサルに入っていて、そのコンサルの人と仲良くなって色々と教えてもらいました。コンサル側が大きな方針を決めて、私達は手を動かす方だったので、わからない事があったらいつもコンサルの方に聞いていました。

そのProjectの規模はどれくらいだったのですか?

期間的には2年くらいで、人数的には100人以上の人達が関わっていました。

エリートさんだらけのかなり厳しいProjectだったと聞いていますが、未経験でスタートしてそこで生き残れた原因は何だと思いますか?

私の会社の方針で、ウチは会計コンサルとは言えサービス業だから、クライアントに愛されないといけないと教育されました。クライアントをサポートする心構えを持つように努力していたので、それが良かったのだと思います。

その仕事で特に習得できた点は何でしたか?

専門知識はもちろんですが、それだけじゃなくて、人とのうまい付き合い方を学ぶことができました。

今度の法律事務所でのお仕事はどんなお仕事ですか?

中国関連の業務に強い法律事務所で、法律や税務などをワンストップで引き受けているところです。私は主に中国の税務の仕事をすることになります。中国は場所によって税法が違ったりするので、日本からの進出企業にとっては結構重要な業務になります。

また未経験の分野だと思いますが、どうしてこの仕事を選んだのですか?

今までは中国とは関係ない仕事をしてきましたが、これからは日中間などの国際的な仕事がしたいと思いました。中国に出張できるチャンスもあると思うので、楽しみです。

受験勉強についてですが、どれくらいの期間勉強していましたか?

簿記3級からUSCPA合格までで、3年くらいかかりました。最初は働きながら勉強していましたが、後半は仕事をやめて勉強に専念していました
みなさんは、どの科目が難しいと思いますか?

僕はREGが苦手です。記憶系が苦手なんです。でも周りではA&Aが苦手な人が多いです。
私はFARとREGの2つを最初に勉強しています。この方法をどう思いますか?

FARは全ての科目の基礎になるから、最初にやっておくのがいいと思います。私はFARは簿記をやっていたので入りやすかったです。やはりA&Aがイメージするのが難しくて苦労しました。

中国の人達について質問です。日本にいる人達は最近どんな感じですか?

若くて凄いエリートの人達がたくさんいます。日本にも中国の人達が集まって情報交換する会はたくさんあるので、そういう場に参加しています。

最近の人達は、日本で大学を卒業して欧米でMBAを取ったようなエリートさん達がたくさんいます。そういう人達は外資系の金融の方が多いです。

中国国内にはもっとそういう人達がいるんでしょうねぇ。

はい。中国は裕福になったし、一人っ子政策だったのもあって、生まれた時から最高の教育環境を親が用意していたります。スタート時点が私達の世代とは違うので、そんな若いエリートさん達がたくさんいる中国国内では、私は勝負できないと思っています。

将来的には中国でビジネスをしてみたいと思ったりしますか?

今の私にはそんな力はないです。でもまだ想像はできませんが、これからも色んな可能性があると思っています。

近い将来(5年後くらい)にこうなっていたいという目標はありますか?

具体的にはありません。とにかく今度の仕事が楽しみなので、それを頑張ってみたいです。やりたい事をやっていれば夢中になってやれるので、自然といい結果が出ると思っています。

中国の税務の専門家になりたい?

私は専門家になる志向はそんなに強くないんです。もちろん専門知識も必要ですが、仕事を通して色々な人と知り合って、色々な知識を得て幅を広げていいきたいと思っています。

今までで一番大変だったことは何ですか?

資格の勉強をしていた3年間が一番つらい時期でした。もうやめたいと思うこともあったし、長いトンネルに入っている感じでした。心の余裕が全くありませんでした。

そんな時にどうやってモティベーションを維持したんですか?

アビタスの合格者パーティーに参加して、合格者の人と話して勉強方法を教えてもらったりして、パワーをもらっていました。また、アビタスの方にもよく相談に乗ってもらいました。通信で勉強していて心細かったので、アビタスの方に相談に乗ってもらうことが心の支えでした。

仕事の中で一番大変だった事はどんな事ですか?

仕事自体じゃなくて、人間関係が大変でした。指導される時の言葉遣いなどに傷ついたりすることが多々ありました。そういうのが積み重なるとやる気までも失せていってしまうので。でも、Big4のコンサルの方々とはとても仲が良くて楽しかったです。楽しい人と一緒に仕事をすると、仕事のやり甲斐も変わってきますね。

資格を取ってどんなところが良かったと感じていますか?

資格が、自分がやりたい仕事や入りたい会社に入れるキッカケを作ってくれました。そしてその仕事を通して色々な事が見えてきて、そうやって成長することができると思います。

仕事を通して、色々な事が見えてくるようになりますか?

はい。そう思います。イメージとしては、ある高さまで上がらないと先が見えない感じだと思います。専門知識でも何でもある時点まで頑張ると、自分にできている部分とか足りない部分が見えてくるようになると思います。

足りない部分が見えたらそこを補えるので、また上の段階を目指せると思います。

日本と中国、文化的にはどっちが好きですか?

中国で育っているからかな。やっぱり中国の文化が好きです。中国の人達は遠慮とかしないし、人目を気にしないし、気さくでとにかく楽しいです。

じゃあ中国に帰って日本関係の仕事をするのが理想ですか?

いや、文化的には中国が好きですが、住むのは今は日本がいいです。日本の方が便利でキレイでモラルがいいので生活がしやすいです。

今度は日本に住んで中国関係の仕事ができるので、理想に近づきましたね。

はい。今度の職場が本当に楽しみです。未経験の分野ですが、頑張っていきたいと思います。

その他、中国人から見た日本人の好きなところや嫌いなところ。中国人の人付き合いの習慣などについて色々とお話して頂きました。ゲストのフォレストさん、ありがとうございました。

PR

USCPAの転職ならアビタス

他の人にも教えてあげる。



PR


PR


USCPAの事がよく分かる資料を無料でお届けします。


USCPAの資料を取寄せる



SNSでもご購読できます。