女性

主婦から外資系コンサルティング会社への就職

第110回 USCPA CMレポート

実施日: 2014年9月7日(日)
【Guest】  メイさん USCPA

USCPA合格者紹介

大学卒業後はIT企業に従事。
しかしすぐにITに興味がないことに気付き、転職を考える。

消費財企業に興味を持ち転職活動をするも、リーマンショックと重なったこともあって難航。
ITからキャリアチェンジをするためには資格が必要と考え、USCPAを考え始める。

結婚を機に勉強に集中するため、IT企業を退職。
主婦として約1年間の勉強期間を経て、USCPA全科目に合格。

外資系コンサルティング会社に就職、アメリカ人、インド人の上司のもと、1年間企業買収案件に携わった後、消費財企業をサポートする部門に配属、妊娠・出産を経た今も現職。 続きを読む

大学卒業後のんびりアルバイトをしながらUSCPAの学習を開始。今は大手監査法人で毎日学習の日々です。

第109回 USCPA CMレポート
実施日: 2014年8月3日(日)
【Guest】  Sachieさん USCPA

ゲスト紹介

大学(経営学部)在学中、将来USで働くためには、大学の専攻と直結する自分の専門分野を仕事にすることが必要と考え、漠然とUSCPAに興味を持ち、将来のUSCPA受験に備えて大学の会計関連の単位を取得しまくる。

就職活動は全くせず、卒業後、2年間程のんびりアルバイトをしながらUSCPAの受験勉強を開始する。

その後中堅会計事務所・税理士法人に9年間勤め、主に外資系企業の経理(記帳代行、月次四半期年次決算、本社へのレポーティング)や税務申告、更に外国人Expatの個人所得税申告を担当。

このまま転職をしないと、自分のメイン業務が将来はより税務(特に日本の法人税)よりになることが考えられたため、もっとUSCPAの資格を活かして働きたいと思い、大手監査法人に転職。 続きを読む

会計士の仕事っておそらく50%くらいはコミュニケーション。毎日、違うことが出来るのが監査の面白いところです!

第101回 USCPA CMレポート

海外での監査法人勤務!

実施日: 2013年12月22日(日)
【Guest】ユリさん USCPA

ゲスト紹介

第101回 USCPA CMレポート

日本の大学卒業後、23歳でオーストラリアに1年間、留学して以来ずっと海外で働きたいと考えていて、帰国後は外資系企業で通訳や経理業務を経験。

3社目の国際会計事務所に在籍中にUSCPAに合格し、現職のシンガポールの中堅監査法人から内定を取得。 続きを読む

9年間のNYでの生活に終止符を打ち、帰国後は実力主義の環境へ。

第96回 uscpa CMレポート
実施日: 2013年10月27日(日)
【Guest】  アキさん uscpa

ゲスト紹介

アメリカの大学へ編入、卒業後はNYに拠点をおくConsulting会社へ就職。
主にERPパッケージの導入などに携わる。 米国内及びヨーロッパ展開など多岐にわたるプロジェクトに携わった。

9年間のNYでの生活に終止符を打ち、帰国後は医療系外資系企業へ転職。  業務の理解、特に会計知識は業務システムに携わるうえで不可欠だと痛感し、また経理&財務への方向転換も視野にuscpaの勉強を開始。

2011年に無事全科目合格。 科目合格時、経理業務も経験し、紆余曲折をへてITを軸にした元の鞘に落ち着いた。 現在は大手米系ブランド会社にて会計関連のシステムマネージャーとして従事している。

uscpaで学んだ知識によって、自分の引き出しやキャパが増え、実力主義の環境に適応できたと実感している。 続きを読む

『システム』『会計』『英語』の、2つを身につけたら安泰。3つ身につけたら成功すると言われて・・・。

第90回 USCPA CMレポート

実施日: 2013年6月16日(日)
【Guest】 さちさん

ゲスト紹介

外語大在学中に大学の教授が、「今後、ビジネスの世界において、『システム』『会計』『英語』のうち、どれかひとつは持っていないと生き残って行くことは出来ない。

またこのうちの2つを身に付けたら、おそらく一生安泰、そして、3つを身に付けたら、君はきっと成功する」と言われた。

その時、外語大にいながら、あまり英語は得意ではなかったが、会計は面白そうかもしれないと思い、会計と英語のハイブリッドならば、生き残れるかもしれないと考え、大学在学中にアルバイトで貯めたお金でアビタスの大阪校に入学。

当時はペーパー試験の時代で、アラスカ受験で学習をスタートしてみたが、アルバイトと大学とUSCPAの受験勉強の三足のわらじにつまづき、就職&受験浪人の道へ・・・・。 続きを読む