外資経理

海外で働くコツは募集があればとりあえず応募する。ダメならば何が駄目なのか分かるので、そこを補填する。

第122回 USCPA CMレポート
実施日: 2016年3月5日(土)

ゲスト紹介

ひでさん USCPA

ひでさん USCPA大学卒業後、約1年間の留学準備期間を経て米国大学院へ留学、経営学修士(MBA)取得。その後、日系の小規模の会計事務所に就職し会計業務に約3年間携わる。

業務内容としては、クライアントの仕分け代行、Monthly closing業務からReview、Audit等。その後、同米国内の日系現地法人である家電メーカーへ転職、経理業務を約3年間担当。

業務内容としては、Daily, Monthly closing、財務諸表作成、監査対応、SOX対応等の経理業務全般。工場はメキシコ、バックオフィスは米国側にあった為、メキシコへも頻繁に通い、アメリカ人のみでなくメキシコ人とも頻繁にやり取りをする。その後、日本に帰国し、現在の勤務先である外資系企業(医療系)へ転職。

経理業務を経て、現在はFP&A業務に携わり、主にフォーキャスト作成、実績vsフォーキャストの分析等の管理会計に携わる。外資系企業で働いている間に約2年間かけUSCPA試験に合格、合格後はアビタス大阪校にて学習カウンセラーを数年間担当。 続きを読む

知識や資格も大事だけど、仕事においてPC作業が遅いのは致命的。

第118回 USCPA CMレポート

日系、外資、日米合弁企業経理特集!

実施日: 2015年6月20日(土)
ゲスト USCPA YTさん

117

ゲスト紹介

米国の大学を卒業後、日系の機械メーカーへ就職し、工場経理へ配属。約4年間勤務後、外資系医療機器メーカーの経理に転職。
日系メーカー在職時には原価計算の業務しか関わっておらず、転職時には他の会計知識はほとんどわかっていなかった。

転職先の会社から最低でも簿記2級ぐらいは取得してくれと言われ取得したが、外資系企業で生きていくには、さらに専門性が必要だと思いUSCPAの勉強を始める。

当初はUSCPA合格後、キャリアアップのチャンスがあれば転職を考えていたが、たまたま勉強中に現在の会社からオファーを受け、再度転職する。

現在の会社で働きながらUSCPAにようやく合格し、会社のサポートもありライセンスを2年前に取得。1度目の転職時には借方・貸方もよくわかっていなかったが、現在では経理業務全般(財務会計、会社法決算対応、税務等)をマネージメントしているポジションで働いている。 続きを読む

監査法人で開発途上国に対する国際協力業務って・・・?

第115回 USCPA CMレポート

開発途上国に対する国際協力業務特集!
実施日: 2015年3月21日(土)
【Guest】 すみさん USCPA

ゲスト紹介

大学卒業後、公務員(県職員)、民間企業(製造業)での経理勤務を経て、去年、監査法人に入所。

USCPAは、前職在籍中に合格。

現在は、監査業務に携わる一方で、主にJICAの海外開発援助プロジェクト等アドバイザリー業務に関わる。 続きを読む

USCPAライセンスはビジネスの場で非常に有効。

第105回 USCPA CMレポート

実施日: 2014年3月29日(土)
【Guest】 けんさん USCPA

ゲスト紹介

大学卒業後、総合商社の財務経理部門に配属となって以降は、財務担当、アパレル経理担当、欧州拠点財務経理担当(ロンドン勤務)、海外拠点全般の経理責任者、石油ガス上流事業オペレーター会社への出向(ジャカルタ勤務)、石油ガス上流事業会社CFO(カルガリー勤務)、と16年間一貫して財務経理業務を担当。

2011年にUSCPAライセンスを取得し、現在本社エネルギー事業財経業務(東京勤務)を担当中。 続きを読む

履歴書はプレゼン資料。未経験でも、要経験の案件に応募すべき・・・無くなるのは書類ですから。

第81回 USCPA CMレポート

実施日: 2013年1月19日(土)
【Guest】  サトさん

自己紹介

81回 コネクションミーティング 風景現在はフランス系外資の日本法人でファイナンスマネジャーをしていて、事業計画作成を含む会計周り(財務会計、管理会計、税務会計)全般に携わっている。

グループ全体では6000名、日本法人は20名の会社。

大学では、経営学と会計学を専攻。当時はどちらかと言うと経営学の方に興味があった。大学を卒業して日本の大手企業に就職し、そこでは経理とは関係のない仕事をしていた。

3年ぐらい経ったころにふと思ったのが、身に付いたのは業界でしか通用しない専門知識と会社内での処世術だけで、一般に通用する専門性がなにもないということだった。

そして、その時「専門性を付けて会社に依存しない生き方」を目指して、5年でやめようと決め、どうするかと考えた時、海外に出てみたい思いもあったので、漠然とMBAを考え、辞めるまでの2年間貯金に励んだ。またこの頃に英文会計の勉強を始めた。

晴れて5年たったところで退職。
コストベネフィットを考えて、MBAは現実的ではないと思い、その一方、USCPAなら日本で勉強できるしコストもMBAから比べればかからないのでUSCPAにすることにした。

そして、「英文経理」をキーワードとして、転職活動をスタート。
現在の会社の求人広告には「経験者募集」とはっきり書かれていたが、未経験だったもののダメもとで応募。この時にアピールしたことは「会計を一生の仕事にしたい、という熱意」、「簿記2級」、「USCPAをとるつもり」という点だった。 続きを読む