会計経験無

30歳で未経験から経理職に転職。いかにしてキャッチアップしていくか。

第127回 USCPA CMレポート
未経験からのキャリア構築特集!

実施日: 2016年11月13日(日)

USCPAゲスト紹介

GIRIGIRIさん (男性) USCPAcalculator-385506_640
大学卒業後に1年半の空白期間を経て、ホテルにおける食器洗浄等の業務請負の会社に4年間勤務。
その後半2年間に現場責任者として月次損益管理を行い、数字を扱う仕事に適性があると自覚。退社して日本の公認会計士を目指すも、簿記1級試験のマニアックさに辟易し、USCPAにシフト。
1年間の受験勉強でUSCPA全科目に一発合格。

30歳で未経験から経理職に転職し、会計関連専門の人材紹介・人材派遣・アウトソーシングの会社に5年間勤務。
退社して3ヶ月受験勉強に専念し、CIA(公認内部監査人)全科目に一発合格。
グローバル展開する日系の化学系製造販売メーカーに転職し、現在9年目。内部監査部門でJ-SOX初年度導入を1年間担当した後、経理部門に異動して連結決算業務、連結決算システム入替を担当。
現在は原価計算業務、基幹システム入替を担当されています。

続きを読む

移転価格税制の仕事は会計と同じくらい英語も大事!

第104回 USCPA CMレポート

実施日: 2014年3月15日(土)

【Guest】 Ryuさん USCPA

ゲスト紹介

大学卒業後、自営業及び広告代理店で営業を経験した後、32歳でUSCPA取得を目指し、勉強を開始。

1年の浪人を経て合格。 合格後、Big4税理士法人にて移転価格税制コンサルタントに転職。

1年半ほどの勤務を経て、現在、介護施設運営事業会社にて経理財務の責任者として従事されている。 続きを読む

最前線の営業職から経理へ異動。特殊ケースでしたが…

第87回 USCPA CMレポート
実施日: 2013年4月20日(土)
【Guest】M&Aさん

自己紹介

1992年大学卒業後、広告会社に入社。 媒体(メディアの仕入)担当や大手クライアントの営業担当などの業務を10年以上経験。

2002年頃、当時の広告業界では、ブランドの価値について測定しようという話がトレンドとしてあり、それを測定するのに経済産業省が財務諸表を元にブランドの価値を測るということをやっていて、そのような世界があるというのを始めて知った。

それまではひたすら営業をしていたが、入社して10年以上経っていた事もあり、自分のキャリアについて考えていたタイミングで、アビタスの広告を見て、USCPAの存在を知った。 続きを読む

履歴書はプレゼン資料。未経験でも、要経験の案件に応募すべき・・・無くなるのは書類ですから。

第81回 USCPA CMレポート

実施日: 2013年1月19日(土)
【Guest】  サトさん

自己紹介

81回 コネクションミーティング 風景現在はフランス系外資の日本法人でファイナンスマネジャーをしていて、事業計画作成を含む会計周り(財務会計、管理会計、税務会計)全般に携わっている。

グループ全体では6000名、日本法人は20名の会社。

大学では、経営学と会計学を専攻。当時はどちらかと言うと経営学の方に興味があった。大学を卒業して日本の大手企業に就職し、そこでは経理とは関係のない仕事をしていた。

3年ぐらい経ったころにふと思ったのが、身に付いたのは業界でしか通用しない専門知識と会社内での処世術だけで、一般に通用する専門性がなにもないということだった。

そして、その時「専門性を付けて会社に依存しない生き方」を目指して、5年でやめようと決め、どうするかと考えた時、海外に出てみたい思いもあったので、漠然とMBAを考え、辞めるまでの2年間貯金に励んだ。またこの頃に英文会計の勉強を始めた。

晴れて5年たったところで退職。
コストベネフィットを考えて、MBAは現実的ではないと思い、その一方、USCPAなら日本で勉強できるしコストもMBAから比べればかからないのでUSCPAにすることにした。

そして、「英文経理」をキーワードとして、転職活動をスタート。
現在の会社の求人広告には「経験者募集」とはっきり書かれていたが、未経験だったもののダメもとで応募。この時にアピールしたことは「会計を一生の仕事にしたい、という熱意」、「簿記2級」、「USCPAをとるつもり」という点だった。 続きを読む

世界で通じるビジネス・スタンダードを身に付けるのが大事。

第78回 USCPA CMレポート

実施日: 2012年11月17日(土)
【Guest】 あだ名 ゆうぼうさん USCPA

自己紹介

大学卒業後、大手証券会社に入社。
大阪の支店に配属になって、5年間はいわゆる支店営業をしていた。

当時は支店営業という領域に入るとそのまま全国の支店を回って同じような仕事を続けるようなイメージがあり、5年経ったところで、仕事を辞めて何かひとつ海外への足がかりをつけようとカナダに語学留学することに。

Studyその時に語学学校に行くというだけだと周りを説得しづらいと思い、USCPAを目指すと宣言して、カナダに渡った。語学留学ということでカナダの語学学校に通ったが、それほどUSCPAの勉強も進まず、、の日々。半年くらいたってからは図書館に行って勉強をした。

語学留学から1年経って、帰国するか迷ったが、米国で仕事が見つかり、サンフランシスコの人材紹介会社に勤務することに。そこからまた1年が経ち、日本に戻って現在の会社に就職を果たした。 続きを読む