締切り厳守とオプションの用意。そして分かりやすい説明(ストーリー)が、売れる経理屋です。



PR

第94回 USCPA CMレポート – 経理担当者からの脱却特集!

実施日: 2013年9月28日(土)

Guest】 Takaさん

USCPA ゲスト紹介 大学卒業後、印刷業界販社の経理部門にて経理の基礎を学ぶ。 大学で会計を学んでいたわけではなかったので、簿記3級から始め、固定資産の管理や、決算書の作成などを経験して、4年間勤務。

その後、一部上場の機械工業系商社に転職し、様々な業務をしていく中でマネージャーになり、3年後に米国のシカゴに行くことに。 100名ほどの子会社で、経理の責任者として会社全体を見ることが出来た。

3年後に帰国し、同じ会社のメーカー部門の管理会計の責任者として原価計算などを担当。 その後、米系エンターテイメント企業に経理マネージャーとして転職した。 USCPAは米国赴任中に取得。

USCPAのTAKAさんに質問

  • ゲスト
  • 参加者
  • 司会

社長・CFOに必要な情報をレポートするような業務に興味があるのですが。

社長やCFOというトップマネージメントがいつも気にする事としては、まずは戦略や事業計画があります。それには、PLがいつも付いてきます。BSはあまり気にしない人もいますが、Inventoryは見ますし、Taxの支払いを含めたキャッシュ・フローもよく見ると思います。そして、最後にValuationで、株価や会社が幾らで買って貰えるのかという事を気にしていると思います。

戦略や事業計画というのは、ビジネスセンスがある人がわかるところだと思うのですが、一方、PLやBSは会計をやっていない人にはわからないですよね。売上と利益は何となくわかると思いますが、繰り延べ税金と言われてもわからないでしょう。

ですので、社長やCFOと話ができる人の中では経理屋というのは本当にお得な役割と思います。ここがわからないと話がなかなか続かない事になってしまうので。 ですので、皆さんがUSCPAの勉強をするというのは、凄く良い方向だと思います。

ただの経理のインプットなどの業務から離れて将来的にマネージメントと近いところで仕事をする為にもとても良い知識が得られると思いますので是非、皆さん頑張って勉強して下さいね。

経理屋の責任範囲とはどのようなものなのでしょうか?

経理屋の責任範囲としては3つ挙げられると思います。 具体的には、「財務会計」と「管理会計」、それと「会計システム」周りです。「財務会計」ではGAAPや税法を理解するというのが大切な役割であり、「管理会計」はどの部門が儲かっているとか、資源をどのビジネスに投入していくかという意思決定のサポートをする役割で、「会計システム」には効率化を図り、透明性を確保するという役割があると思います。

ただ、この3つ全てを理解すればよいかというとそれだけでは足りません。それに加えて、仕事のやり方を工夫することでプラスアルファの価値を提供できる人が売れる経理屋になるのだと思います。

売れる経理屋って具体的にどういった人でしょうか?

売れる経理屋って何かと言うと、当たり前なことなのですが、ひとつめが「期限厳守」です。提出期限になって、「すみません、出来ていません」と言ってくる人がよくいるのですが、そういったのは最悪ですね。そうではなく、前もって「すみません、出来そうもありません」というのを必ず言える人が良いわけですね。

そのタイミングで先に言ってもらえれば、報告を受ける側は何らかの対応策を考えられます。期限を守れればそれが一番ですが、仮に間に合わないのであれば、前もって必ず言う事、というのが大切だと思います。

次に「オプションの用意」です。 「私はこう思います」というレポートを出すだけではやや足りないですね。 「この場合はこうですが、別の見方をするこうなります」というものを3つくらい用意しておくと、相手は「これだけ考えているんだな」と思うわけですね。

そして、3つ用意しておけば、相手の気に入るものが含まれる可能性も高いです。「可能性を高める」というのがひとつ、「こんなに考えてきたのか」という安心感を与えるというのがひとつ、さらに「そこから本人に選ばせる」というところで、オプションを用意出来る人はかなり強いと思いますね。

そして最後に「ストーリー」というのが凄く大切になります。 経理の資料には細かい数字がズラズラと並んでいるわけですが、その資料で何が言いたいのかがわからないことが多いです。数字が並んでいるだけだと忙しいマネージメントの人が見てすぐに理解するのは不可能なのです。

ですので、その資料で一番大切な事を2行程度で書くようなトレーニングをすることが大切だと思います。

その過程で大切な部分に丸を付けるなどの工夫をし、必ず説明をしたい場所に目を向けさせる表の作り方が出来るようになると「こいつの言うことはわかる」という事になって、信頼関係が築かれて、新しい仕事が振られるようになると思います。そうなればキャリアの幅も広がっていくのではないでしょうか。

ふだんの経理業務の中で楽しみってありますか?

最初の会社では、日々勉強で学ぶことばかりでした。例えば、伝票の入力も時にはしたのですが、ミス無く入力出来れば、楽しいと思いました。決算書の作成を通して、BSとPLはこうやって繋がっているのかと言う事がわかるようになると感動があったりしました。

次の会社に入ってから、凄くうまく行ったなと思ったのは「固定資産の管理」です。あまり管理が出来ていなかったため、前職での経験がある私に「やってみてくれ」と言うことで担当しました。当初の管理が出来ていなかったこともあり、ちょっとしたものを導入するだけでとても良くなって、それが評価され、「今度は、現物の管理だけではなくて予算の意思決定のプロセスも作ってみて欲しい」という事になりました。

やったことは無かったのですが、それを作るようになるとまた評価が上がっていくという具合で、固定資産には本当にお世話になりましたね(笑)

メーカーの買収もやりましたが、メーカーのバランスシートを見て、Inventoryが5億円と載っているのを倉庫に行って目で見てくるんです。

そのメーカーの材料がどれだけ価値があるのか正確にはわからないですが、「これは明らかに錆びている」というのはわかります。「バランスシートには5億円と載っているけど、実際には2億くらいでしょ」というようにフェアーバリューに直し、「今の資産の価値はこれで、将来の事業の価値はこのように考えています」という形で買収価格のラフな案を出すという業務でした。

この辺になるとやった事のない業務の連続だったので、本当に面白かったです。 幅広く業務を経験させて貰った中で共通することは、計画を立てて、誰が何をやるのかの役割を決め、一人ではなく周りを巻き込み、進捗を確認し、適宜報告し、あるべき結果が出せるように色々なことをマネージしていくということです。

どの仕事も経理をベースとして、色々なところに業務が広がっていき、信頼関係が出来て、評価されるというのが楽しみだったと思います。

同じ経理業務でも会社によってやり方が違って、転職すると一からやり直しという事になると思うのですが、その辺りはどうでしたか?

同じ会社内での異動も含め、色々な会社を見てきたのですが、どの会社に行っても3ヶ月間は何も変えないというのを自分の中で決めていて、今までのその会社のやり方を理解するために余計な事を言わず、ずっと見ているんですね。その会社のやり方をわかった上で簡単に直せて効果が大きそうなところを見極めて、そこから攻めていくんです。

簡単だけれども効果が大きいという改善をひとつ成功させると、新しく入ってきた自分を周りが評価してくれるようになります。 一度、そういった成功体験を作ると回って行くと思います。

そのように3ヶ月間は何もしないというのは何かそういった事を経験したからだったのですか?

それまでに何人かの上司と仕事をしている中で、「私は3ヶ月間何もしません」という方が一人いたんですね。「これは良いな」と思い、それを使わせてもらうようになりました。

一番大きな失敗はどんな事でしたか?

失敗はたくさんあるのですが、、、例えば事業再生サポートの業務をしている時に、プロジェクトオーナーが会社の社長で、「とにかく何をしても良いので早く結果を出せ」という感じだったのですが、そこで私はレポーティングのラインを間違えてしまったのです。本来であれば社長に相談をするべきだったのですが、社長は忙しいだろうからと思って話に行けず、経理的な内容だったため、自分の所属するファイナンス部門のトップの役員に相談したところ、情報をプロジェクトの外に漏らしたということになって、大変なことになってしまったんです。

結果として私がした相談はやり方はまずかったけど、内容は良かったというところで救われて、事無きは得たのですが、レポートのラインというのは状況によってはものすごく大切なんだなと改めて思いました。

それ以来、メールを書くにも何をするにも「この人で良いんだよな」ということを意識して仕事をしています。

私は経理未経験で、勉強をしているのですが、USCPAで学んだ知識というのは活かせていますか?

USCPAというのはそれほど深い事を学ぶわけではないと思います。 ここで学んだ事だけで決算を締めて、監査人と戦えるかというとそんなことはないですね。 ただベースとして持っておくにはとても良いと思いますよ。普段の業務の中で「これってなんだったかな?」と引っかかって、そこからさらに自分で調べて行くという取っ掛かりを作ることが出来るようになります。 USCPAは深くは無いけれども幅広い分野で網羅性があるのが良いと思います。

ですので、是非、未経験であってもやるべきだと思いますので頑張ってください。

アメリカに行った時にもUSCPAを取得している方というのは周りに結構いたのですか?

アメリカの時には誰もいなかったですけども、日本の経理部には20名くらいいて、USCPAは1名でした。 外資系に転職をしてみたら、経理マネージャーが5-6名いるのですが、マネージャーは全員持っています。

それは日本人の方ですか?

そうですね。日本人です。 外資系で活躍をするためには必ず持ってなければいけないものなのだろうと思います。

USCPAはわりと楽に取得が出来ましたか?

そうですね。日本にいた時に3年間経理のマネージャーとして実務を経験していたので、アメリカのTAXとかビジネスローは憶える必要はありましたが、財務会計やAUDなどは日本語から英語にいかに変えるかというところだけでした。ですので、経理の業務をやりながら勉強をする人は相当有利だろうなと思います。 たしか、私は8ヶ月くらいで合格出来たと思いますね。

その当時、アメリカに住んでいて、すぐ近くで受験も出来て、1科目ずつ受験が出来たというアドバンテージがあったというのはありますね。

バックグラウンドを読ませて頂き、前に積み上げてきた経験を活かされて、会社に貢献されているのが素晴らしいなと思ったのですが、そういったものって自分の価値を自分でちゃんと見いだせるという事と自分が何をしたいのかというのをはっきりしないと行けないと私は思いまして、自分が出来る準備というか、自分の価値の棚卸しみたいなところとそれをうまく汲み取ってくれる相性の良い会社というところのバランスってとても大事だと思うのですが、どのようなポイントで会社を探してきたのでしょうか?

リクルーティング会社は東京だけで8000社くらいあるらしいです。そういったところに登録をするとそこの会社の人が会ってくれとバンバン連絡をしてくるんですね。実際に会うと、レジメを見せて、自分の経歴についてプレゼンをするのですが、それを見た相手が修正箇所を言ってくれるので、いかにインタビューで興味を持ってもらうかという良いトレーニングになります。一ヶ月に一人くらいは会って話をして、それが良い棚卸になっていましたね。

私が今の会社に転職する時には30社くらい受けたのですが、業務内容もありますが、結局は人や雰囲気が大切だなと感じたので、そういったところで選びました。

とにかく色々な会社に応募して、見て、選ぶと良いと思います。3-5社に応募するくらいですとなかなか自分に合った会社は見つけられないのではないでしょうか。

1社目から30社目までかなり時間があると思うのですが、返答を待ってくれるものなのですか?

電話インタビューだけの会社もありますし、一日に3社受けるというような事もして、1-2ヶ月で終わらせるようにしました。

どんなことをやるのかというのは面接の段階で話すのですか?

入社した会社の場合は、面接の段階では何の仕事をするのか決まっていませんでした。内定をもらって、結局何をするのか、というのを聞いたら、財務会計系のマネージャーをやって欲しいという事になり、それであれば絶対貢献できると思って入社を決意しました。入社して9ヶ月経った時に、管理会計系に移ってほしいと言われ、結局、違う仕事をしていますね。

転職の際にはこういうことをやりたいというのを出していたのですか?

会社によって内容が違うので、その会社に合わせて話をしていましたね。 「御社でこういうことがやりたいです。」というのを会社によって変えていました。完全に希望に合う会社はなかなか無いので、割と幅を広めに持っておいて、この会社であれば、ココをやりたいという具合に話をしていました。

自分の下に人を採用するとしたら、どんな人を欲しいと思いますか?

自分の後継者を育てるという意味の人であれば、そういうポテンシャルのある人ですし、自分のやっている作業を楽にしてくれる人を採用するのであれば、Excel・パワポが強いひとが欲しいですね。作業屋なのか管理者なのかによって違ってきますね。

私は今、IT系の企業で働いていて、金融系のシステムのサーバーメンテとか構築などをしているのですが、CPAを取得後のキャリアというとどのようなものがあると思われますか?

SAPの導入などのコンサル系に行くといいと思いますね。 何故、SAPが必要かというと、海外子会社はバラバラのローカルのシステムになっていて、SAPを入れて、全世界共通のシステムで素早くデータが取れるようにしたいという動機があります。英語ができれば海外プロジェクトに入れられて、とても良い経験が出来ると思いますよ。 いわゆる「経理」というよりも経理周りの仕事をしていく感じだと思います。

今の会社の事とか、やっている仕事について詳しく教えてもらえますか。

今の会社は映画、テレビ、インターネットなどのビジネスをやっているのですが、それぞれビジネスにはそれぞれファイナンス部門があります。私がやっているのは、コーポレイトサイドで、様々な部門から数字が集まってくるので、それをまとめて報告するわけです。 したがって、いまは経理はやっていなくて、監査対応もしていないです。

数字を集めて、「今期の業績はこうなりそうです」というのを3分くらいで説明できるようパワポの資料を作ったりしています。 それ以外では、各部門が作ってくる予算をまとめてみると、足りなかったり、逆に多すぎるなんて事があるんですね。

そうした時に各部門の人と相談しながら、会社全体としての予算を作ります。それと中期計画を年に一度作りますので、そういったもののデータ集めからプレゼンの作成などをやっています。

まさにそうした予算を作ったりとか計画を立てる仕事に興味があるんですが。

それはとても良いと思いますね。計画が無いと実績の評価が不能なわけですから、計画を作るというのはとても大切です。 PLの計画が多いでしょうから、会計原則はわかっているべきでしょうね。

例えば100億円利益が出るという計画を立てていたとして、今の見込みだと105億円になりそうだけれども、出来れば計画通りに着地させたいというようなことがよくおきます。その時に経理屋の人はバランスシートを見て、Inventoryの評価損をここで立てるべきだというような事を提案出来るんですよね。

そういった意味で経理の勉強は凄くプラスになると思います。 それが出来ないと、105億円という数字で着地してしまいます。会社は継続的に成長することが求められますから、そうなると次の期が辛くなるんですよね。

出来る限りマネージメントが求める数字に決算を近づけるために財務諸表を見て、うまくPLをコントロールできるようになると良いと思いますね。

実際、そういう仕事に就くにはどうしたら良いのでしょうか?

金融機関で働いているということですが、金融機関から経理部門に転職する人は多いと思います。私が前にいた会社にも何名かいたのですが、経理をするために来ているわけではなくて、どちらかと言うと予算作成などの管理会計的なところで転職をして来ていました。

簿記は出来ないけれど、管理会計は出来ますというような人が転職してきていました。 ですので、金融機関で働かれているならば、そういう方向はあるのかな、とは思います。

今の会社での目標はありますか?

今はコーポレイト部門にいるので、会社全体の動きが見えてとても良いのですけども、一度事業部門に行って、そこのビジネスを深く理解した上で、またコーポレイト部門に戻ってきたいと思っています。コーポレイト部門は管理部門の中の管理部門という感じなので、ずっといると頭が硬くなってしまうような危険性がありますね。出来ればもうひとつ現場よりのところへ異動させてもらえればなと思っています。

そういうことは仕事しながらアピールされるんですか?

私は、評価会議の時に「この仕事はもう何度も経験しているので、そろそろ代えて貰えませんか」という事を言います。色々なところに興味を持っています、ここはもう出来る事なので、という事をうまく伝えられれば、他の業務を任せて貰えるのではないかと思います。

他人はそれほど見てくれていないので、言わないとなかなか難しいですし、なるべく自分から声を上げていくと良いと思いますね。

前の会社は日系だったということですが、日系と外資系でカルチャーの違いを感じることはありますか?

一社目の会社はピュアな日系でして、ゆったりしていて、トップの方も比較的のんびりされていたように思います。二社目は日系と言いつつも外資系からの転職者が7割くらいで、コンサルからもバンバン人が来るような会社だったので、非常にスピードの速い会社でした。 今は外資系ではありますが、日本でビジネスを始めて長いですし、ピュアな外資系ではないと思っています。

会社は安定していますが、トップの方は本社から物凄いプレッシャーを受けています。どこの外資もそうだと思いますね。

目標の立て方で悩んでいて、半年とか一年おきに自分のレビューをして上司と面談する機会があると思うのですが、そういう時に自分の振り返り方と次にどういう事をやっていきたいかの考え方ってどういうふうにされてきたのでしょうか?

基本的には部門の目標に連動するものを用意しますよね。で、今までやったことが無いけれども、このくらいならば出来るだろうという達成可能なものを入れるようにしています。明らかにこれは無理、というのを入れるとやはり無理で、その結果、モチベーションも上がらないので。 去年に較べて一歩でも二歩でも前に進まないとバリューが無いので、どの目標を立てるにしても去年と同じことは書かないようにしていますね。

普段の仕事ではどの程度英語は使っていますか?

上司がアメリカ人なので彼と話す時は英語なのですが、忙しくてあまり席にはいないので、その人と話すのは一日10分くらいですね。周りは日本人が多いので、多くは日本語での会話です。ただメールは英語で来ることが多くて、アメリカから来ることもあれば、席にいない上司がメールだけ送ってきたりするので、メールベースだと半分くらいは英語になりますね。

前の会社は英語を使う機会が殆ど無くて、英語を使う機会を求めての転職もあったという事だったと思うのですが、報告なども英語になるのですか?

そうですね。報告やプレゼンも英語で行なっています。 以前にアメリカで働いていた時は日系会社でしたので、社長も日本から送り込まれてきていました。スタッフは米国人など日本人以外なのですが、意思決定は日本語で行われていました。 今はその逆で、レポーティングは全て英語になるので、これは面白い経験だと思っています。この方が英語的には絶対鍛えられますね。

私はアメリカの監査法人で仕事の経験はあるのですが、日本で働こうと思った時に日本での会計経験がなくて、日本のGAAPの事についてあまり知らないので、そこのギャップを埋めないと行けない部分がかなりあるのかなと思っていて、どこに着地をすれば今までの経験が活かせるのだろうと思っているのですが。

米国系の会社であれば、日本にある子会社だとしてもUSGAAPでレポーティングをするはずなので、日本の会計を知らなくても大丈夫ですね。例えば、私の会社で言うと日本の公認会計士は一人もいません。全員、USCPAです。 何故ならば、日本の会計基準で報告する義務がないからですね。

ただ、取締役会に報告する為の書類は日本の会計基準で作る必要があるので、USGAAPの数字をベースに、日本との差異に関する取引を入れて、組み替えて日本の会計基準になおします。

その組み替え部分はルーティンワークになっていて、毎期、毎期金額が変わるだけなので、会社がお付き合いしている公認会計士の方に手伝って貰えば良いですね。 ですので、日本の会計基準については、それほど不安に感じなくて良いと思います。

どこの外資系企業も日本の公認会計士っていないものなのでしょうか?

例えばですが、某米系オンラインショップでは経理部門自体が日本にはないと聞いています。ということは日本の公認会計士もいないと思いますね。転職活動時に募集要項を見た限りでは、USCPAもしくは日本のCPAという会社は結構あります。ただ日本のCPAが必須という会社は、自分のところに来なかっただけかもしれませんが、あまり見ないですね。

ですので、日本のCPAは、勉強する量のわりに報われない資格になりつつあるなと思っていて、USCPAの方がお手頃で良いのではないかと思っています。

簿記は何級まで合格されていますか?

2級まで持っています。

簿記2級に合格後にUSCPAを勉強されたんですか?

そうですね。

今のプランニングの仕事は管理会計の知識を使うのでしょうか?財務会計の知識はどうでしょうか?

財務会計の知識ももちろん使いますね。例えば、先ほどのInventoryの評価損をここで出すべきだというような提案は財務会計の世界なんですね。プランニングの仕事でも、そこまでわかっているほうがバリューがあるので、いつでも財務会計がベースになっています。 自分の転職活動の際の売り文句は、「財務会計・管理会計、両方できます」で、「そういう人は余りいませんが自分は出来ます。」という事を言っていました(笑)

今の会社への転職の際に採用側に最も評価して貰えたキーポイントは何だったと思いますか?

財務会計の経験をしている人というのはたくさん候補者がいると思うので、差別化にはなっていないですね。ただ、今言った財務会計プラス管理会計も出来ますというところ部分は、会社にとってみれば汎用性のある人ということになりますので、それなりに評価が高いと思います。かつ人を使った経験はかなりあったので、人とのコミュニケーションのところで評価をされたのだと思います。そのコミュニケーションが出来ない人って、経理の世界には結構いるんですよね。

そこのコミュニケーションは好きですというのを面接の中で伝えていき、面接官との相性もとても良かったというところですかね。

その中でどういうことをやってきたかという成果を具体的に話すんですよね?

面接では「過去にこういうことをやってきたので、御社に入っても必ず貢献できると思います。」とアピールするわけですよね。やったことが無い事をいくら話しても信用されないわけで、「出来るはずです」と話しても、過去の実績が無ければ何にもならないので、今の会社で一つでも二つでもこれは頑張ったというのを持つ事が絶対に必要だと思います。

USCPAを取得する私達に何かメッセージみたいなのはありますか?

「出来ないことは無い」と言うのはいつも思っていますね。 あと同じことをやっていたらダメだといつも思っています。例えば、お給料も年々ベースアップすると思いますから、自分の仕事のアウトプットが変わらなかったらダメですよね。ベースアップ分くらいはアウトプットも上げていきましょう、と思います。

毎年、少しずつ確かに進んではいるんですが、人に話せるような成果ってなかなか出していなくて、自分では結構、やったつもりなのが、上司には全く伝わらないし、必要ともされていないことがあるんですね。

目標設定が間違っているんですかね・・。人の評価は目標を立てるところからなので、そこでお互いに合意をしておかないとせっかくやっているのにこんな事をやれなんて言っていないとなってしまいますよね。

上司の仕事は業務をまわすのは勿論ですが、良いパフォーマンスを出すのに加えて、人を育てることだと思います。人を育てるということは、スタッフ皆に期待をしているはずですので、頑張ってください。

PR

USCPAの転職ならアビタス

他の人にも教えてあげる。



PR


PR


USCPAの事がよく分かる資料を無料でお届けします。


USCPAの資料を取寄せる



SNSでもご購読できます。