コンサルは専門スキルも必要ですが、それ以上に市場の需要を見極める力も必要です。



PR

第32回MTGレポート 米系大手コンサルファーム

8月13日(土)12:00-14:00

【Guest】トムさん 38歳

米系大手コンサルファーム  マネージング・コンサルタント

新卒で外資系IT企業に就職。

SEとして数年間勤務した後、流行モノだったCRMコンサルタントにキャリアチェンジ(転籍)したが、ブームの沈静化と共に将来への不安を感じてUSCPAを取得。

その後は金融機関向けにBPR、企業統合PMO、業務プロセス設計などのプロジェクトを経験。現在は主にIFRS関連のコンサルティングを実施中。

Q&A

  • ゲスト
  • 参加者
  • 司会

トムさんはSEからコンサルへ転籍されたんですよね?

はい、新卒で米系IT企業にSEとして入社しました。その数年後CRMブームが来た時にCRMコンサルティングの部門に異動したんです。

CRMのコンサル時代はどうでしたか?

CRMバブルと言われたくらい、色々な企業でCRMシステムを導入するのが流行った時代でしたね。でも、ひと通り流行り終わると沈静化し、仕事がなくなっていきました。

USCPAを目指すへのきっかけは?

CRMの仕事がなくなり、アベッている日々(仕事がアサインされず何もしない時期)が続いた時、これからどうなるのか?というとても強い不安を感じていました。その時に何か専門的なスキルをつけようと思いUSCPAの資格を取ろうと思いました。

USCPAの受験勉強はどうでしたか?

仕事が恐ろしく暇だったので、勉強時間はかなり確保できた。勉強することで不安を解消することができていた。

CRMから、金融コンサルへの転身したのは?

CRMチームで暇していたところ、金融期間向けのコンサルティング部門から声がかかり、金融コンサルに転身しました。

面白かった仕事は?

金融機関は事務センターやコールセンターなど様々なセンターをばらばらに持っているところが多く、それらを統合し業務を効率化することによって大きなコストダウンを図るというプロジェクトが面白かったです。実際に話を進めていくと机上の理論だけではうまくいかない事が多く、企業の実情を加味しつつプロジェクトを進めるので、とても勉強になりました。

金融期間同士が合併する際に、合併後に業務をどう統合していくのかという問題があります。それのPMO(Project Management Office)として業務統合プロジェクトを管理する仕事をしたんですが、どっち側の業務機能を残すのか、どっち側のシステムを残すのかなど、陣取り合戦のような感じだったが良い経験でしたね。

ここ2年くらいは金融機関向けにIFRS導入についてコンサルティングをしています。グローバルネットワークがあるので、ドイツの先例や韓国の先例などを紹介し、クライアントにフィットするシステムや業務プロセスを提案していています。ドイツは先進的だが、日本の金融機関のシステムはかなり独特なのでドイツの先例をそのまま持ってくることが難しいんです。そこで日本とシステム的に近い韓国の先例を参考にして進めることが多いです。

米系コンサルティング会社で働いく秘訣とかはありますか?

黙って働いているだけでは、全く昇格なしです。
自分で「僕はもっと上のレベルになるべきでしょ」というのを申告し、面談等を経て認められれば昇格します。自分の強みを作ってそこをアピールしていくことが必要です。でも「僕は○○ができます」的なポテンシャルは評価の対象とならないです。あくまでも実績ベースで、「僕はまだ低いレベルなのに、前回のProjectでこんなに高いレベルの仕事を成し遂げました」という事を証明し、認めてもらわないと昇格はしないですね。 論より証拠を見せる、これにつきます。昇格していって、自分の単価が上がっていくと、ひとつのProjectにフルで張り付くことができなくなってくきます。(そのProjectのコストが上がってしまって赤字になるので)。すると自分の単価をチャージできる仕事を自分で取ってこないといけなくなります。
半分が提案活動、半分がProjectの仕事をしている感じになってきます。

USCPAはどんなところで役に立ちましたか?

IFRSの仕事では特に役に立ちました。相手が経理部長さんだったり、監査法人の会計士さんだったりしても、話についていく事ができます。基本的な会計やUSGAAP的な会計処理の知識があったのが役に立ちましたね。

英語はどれくらい使いますか?

Projectによりますね。前述のPMOの仕事はクライアントが米系金融機関で殆どが外人でした。最初は英語でのメールのやりとりにとても苦労した。でも仕事をしていく中で、外人達の英語も結構フランクなな英語を使っている事に気づき、気楽にメールが打てるようになった。

転職を考えたことは?

USCPAに合格した後、どんな可能性があるか調査してみました。
自分の場合は、やはりコンサル業界で今後もキャリアを伸ばしていくのが一番良さそうな気がしたので、今のところ一度も転職していません。

今後はどうか?

能力を伸ばしていっても、ひょっとすると市場的にその分野のコンサルの需要が下がる能性もあります。

今後も伸びていくエリアはどんな分野なのかを気をつけて見極めるようにはしています。当面の課題としては、金融庁の発表を受け、IFRSの各Projectが一時停止しつつあるので、新しいコンサル分野を開拓しないといけません。

その他、コンサルファームの内情を詳しくお話して頂きました。ゲストのトムさん、ありがとうございました!

他の人にも教えてあげる。



PR


PR


USCPAの事がよく分かる資料を無料でお届けします。


USCPAの資料を取寄せる



SNSでもご購読できます。