一般職から総合職になれると聞いたのに・・・・。将来を考えてUSCPAに挑戦!



PR

第44回MTGレポート

12月10日
【ゲスト】 雪平さん OL→外資メーカーの(女性)

まずはゲストの自己紹介

学生時代にアメリカに短期留学した経験があり、卒業後は国際的な仕事をやりたいと思っていたが、ちょうど就職氷河期で大苦戦。

なんとか内定をもらった日系の中規模メーカーに就職した。 海外営業として総合職で入ったが、古い体質の会社だったので男女の取り扱いの差が激しく、思い描いていた社会人生活とは全く違ってしまった。

2年くらい働いた後転職活動をしたが、決まったのは日系メーカーの貿易事務の一般職。

総合職にもなれるという話ではあったが、入ってみたら一般職から総合職になっている人は一人もいなかった。

この時期に将来の方向性について真剣に考え、多くの人と会ったり本を読んだりして情報収集していった。ある時、ある集まりで大学院でファイナンスの勉強をしている人達と知り合いファイナンスに興味を持つようになった。

独学で勉強した後に、どうせなら資格を取りたいと思いUSCPA受験を決意。1年半という期限を決めて取り組んで、予定通り1年半で合格。

入社後は単体決算→連結決算と経験し現在は欧州の親会社へのレポーティング業務を担当している。

Q&A

  • ゲスト
  • 参加者
  • 司会

数ある資格の中からUSCPAを選んだ理由を教えてください。

取った後の仕事の拡がりを考えました。 USCPAは国際的な会計系の業務なら色々なところで活躍できそうだと思いました。あと、希少性も魅力でした。簿記とUSCPAでは取っている人の数が違うので、USCPAの方が希少性があると思いました。

USCPA受験について質問です。1年半で予定通り受かったという事ですが、どんな事を心がけていましたか?

いかに効率よく楽しみながら勉強できるか考えました。まずは情報収集が大事だと思ったので、本を読んだり、勉強仲間などの人脈を作る努力をしました。その甲斐あってたくさんの友達もでき、有用な情報交換ができました。

1年半の間は勉強漬けの感じでしたか?

はい。会社に行く前に朝7時頃からカフエで勉強して、会社が終わってからも殆ど勉強していました。

息抜きなどはしませんでしたか?

たまには勉強仲間と飲みに行ったりして息抜きをしていました。息抜きにもなるし情報交換にもなるし一石二鳥でした。

どういう勉強方法がいいと思いますか?

勉強方法は自分に合わないなと思ったら適時修正するのがいいと思います。仲間がいれば良い勉強方法を聞いたり、お勧めの本を教えてもらったりできるので、それらを参考に自分に会った勉強方法を見つけていくのがいいと思います。

不得意分野などは、どうやって克服しましたか?

不得意分野があったら、友達と解説しあったりしていました。自分がわかるところを人に解説して、自分がわからないところを解説してもらうような感じです。私は会計未経験だったこともあり、会計分野でわからない事が多かったのですが、会計に強い友達に助けられました。

その他、勉強で工夫した点は?

過去問題(リリース問題)を解いたり、アビタスの模試もバージョン毎に受けて多くの問題に触れられるように心がけました。

当初の予定どおり、楽しみながら勉強できた感じですね

はい。USCPAの勉強をしている人達は価値観が近いのですぐに仲良くなることができました。また、USCPA以外でも色々な事に努力している人が多く、刺激を受けました。この勉強を始めなかったら出会うことがなかった人達と知り合うことができたのでとても良かったです。

今の会社への転職活動について質問です。経理未経験だったと思いますが、大変でしたか?

はい。景気も悪かったし、自分は経理未経験だし、結構苦労しました。10社くらいのエージェントに登録して、良い案件があったらどんどん受けていく感じでした。落ち込むことも結構ありました。

前の転職の時に大手のエージェントから冷たく扱われた経験があったので、今回は中小規模のエージェントに登録しました。

USCPA合格後、色々な選択肢があったと思いますが、経理の仕事を選ばれたのはどうしてですか?

様々な業界で働いている仲間から情報収集して、自分に合う仕事を選んでいきました。結婚後、出産後にも働いていけるような仕事で、ある程度のワーク・ライフ・バランスが取れる仕事がいいなと思っていました。経理の仕事は後々管理会計などにも発展させていけるし、裾野が広くていいと思いました。

今の会社を選んだ理由はなんですか?

今までの日本企業はカルチャーが合わなかったので外資系に行きたいと思っていました。でもバリバリの外資はちょっと・・という思いもありました。今の会社は元は日本企業で欧州の外資が買収した会社なので、ハーフアンドハーフ的な感じで丁度いいと思いました。また、ルーティーンの経理業務よりも決算業務がやりたいと思っていましたが、未経験でも決算業務をやらせてもらえるというところも魅力的でした。

また、面接時に外国人や女性の管理職の方が出てきて、英語を使う環境もあるし、女性でも十分活躍できる部分を見せてくださったので、その点でもとても好感を持ちました。

採用された決め手はなんだったと思いますか?

短期でUSCPAに合格した事がアピールポイントになっていたと思います。あと、積極的なキャラを求めているようでした。元々日本企業だったせいもあって、経理部の人はどちらかというと大人しい人が多く、そういう部分を変革させたいというのがあったのではないかと思います。また、ダイバーシティに気を使っているようで、女性を積極的に採用したいというのもあったのではないかと思います。

英語ができたという点はどうですか?

はい。そこも良かったと思います。面接時に英語で自己紹介してくださいと言われました。

英語はどうやってできるようになりましたか?

大学時代に短期留学したことがあるのと、あとは前職の貿易業務で日常的に英語を使っていました。また、USCPAの勉強でもかなり英語力が上がって、合格後にTOEICを受けたら100点くらいアップしていました。

経理の仕事は初めてだと思いますが、やってみてどういう感想ですか?

今までは営業系の仕事が多かったので、気分がいろいろ変化する感じでしたが、経理は一日中パソコンと睨めっこなので、昼休みなどに気分転換しないと疲れます。以前の会社と違って大企業なので、仕事中に色々な人と関われるのでその点は良かったと思います。また、経理の人は大人しい人が多くて、それがいい時もありますが、正直イラッとすることも有ります(笑)。

あとは、営業系の仕事ではあまりロジックがなかった事が多かったのですが、経理ではきっちりとロジックがあるので論理的に話ができるのがいいです。数学をやっているような、謎解きをしているような感じです。

元は日本企業という事ですが、社内はどんな感じですか?

6割が前の会社の人で、1割が駐在員を含む外国人、あと3割が外資になってから入ってきた人という感じです。

欧州系という事ですが、仕事で使う言語は?

英語です。今は仕事中7割くらい英語を使っています。

英語力は今も磨いていますか?

はい。今も英語のラジオを良く聞いていますし、外国人スタッフとのランチなども「お金かかるなぁ・・」とも思うのですが、英会話の訓練だと思って進んでいくようにしています。

今の会社に入って英語で苦労したことはありますか?

はい。あります。会議など、本社の偉い人もいる中で、自分の拙い英語を話すのに最初は気が引けてしまっていました。でもしばらくしたら文法などはあまり気にせず、とにかく伝えるべきことを積極的に伝えるようにしました。場数を踏んでいって徐々に慣れてきました。

外資に入って、日本企業との違いは感じますか?

はい。感じます。日本企業にいた時は、会社からお給料をもらっている感があり、会社に自分が依存している感じでした。それがイヤだったのですが、今は全然違います。仕事ができなければクビも当然あり得ますし、外資系では自分はどういう考え方で仕事を進めて、どういう振る舞いをすべきかいつも気をつけています。

そういう本もたくさん読みましたし、日々気をつけています。

この先どうなっていきたいですか?

今の仕事でスペシャリティーを伸ばしていくか、管理会計の方の仕事も経験して幅を広げるか、後々考えていきたいと思っています今はかなり仕事を任せてもらっていて満足しているので、転職は考えていません。ここで頑張っていって、後々自分の方向性を調整していきたいと思っています。

USCPA受験も転職活動も、仲間や知り合いの方にかなり助けられたようですが、人脈づくりは結構努力しましたか?

はい。そういう本も読んだりして勉強しました。また(その本に書いてあったのですが)自分のプライベートの名刺をわざわざ作って、色々な会に持っていくようにしました。アビタスの合格者パーティーなどに参加しても、最初は知り合いが誰もいなくて、人に話しかけるのにも躊躇していましたが、「わざわざ名刺も作ったし、会費も払ったんだから頑張らないと!」と思ってとにかく近くにいた人に話しかけていって知り合いを拡げていきました。そこで勇気を出せるかどうかで、後々知り合える人の数も情報量も大きく変わってくるので、是非勇気を出してそういう会を活用していくといいと思います。


 USCPAで自分が望んでいたような仕事をGetして、気の合う仲間もたくさんGetして、USCPAを受験した事が(大変だったけど)とっても楽しかったという感じがムンムンしていた雪平さんでした。どうもありがとうございました。

PR

USCPAの転職ならアビタス

他の人にも教えてあげる。



PR


PR


USCPAの事がよく分かる資料を無料でお届けします。


USCPAの資料を取寄せる



SNSでもご購読できます。